追加要素の好みで選ぼう! 『ザ・ゲーム』シリーズの違いと特徴

ニャルラ
ルルイエ屋根裏堂へようこそ!

この記事では、人気の協力ゲーム『ザ・ゲーム』シリーズについて、ご紹介していきます!


色々種類が出てるわよね。

ハスナちゃん

ニャルラ
そうなんです。

それぞれ、ベースの遊び方に加えて追加要素があったりします

 

どの『ザ・ゲーム』選べばいいのかわからない、という方に参考にして頂ければ嬉しいです。

ニャルラ
それでは、いってみましょーう!

『ザ・ゲーム』シリーズの違いと特徴

『ザ・ゲーム』シリーズ

  • 『ザ・ゲーム 第2版 完全日本語版』

    これがオリジナル版と言っても差し支えありません。 初版に対して、拡張セット『オン・ファイア』が追加されたバージョンです。

    評価
    プレイ人数1〜5人
    追加ルール『オン・ファイア』

    『オン・ファイア』は、専用の青いカードをゲームにプラスして遊びます。 青いカードには、すぐに通常カードを重ねなくてはならないため、選択肢をさらに縛ることで、よりスリリングな展開を生み出します。 "燃えたイラストを持つ青いカードの火を、通常カードをのせることで消す"といったイメージです。

  • 『ザ・ゲーム エクストリーム 完全日本語版』

    『ザ・ゲーム』に対して、"カード効果"を追加した遊びを楽しむことができます。 記載された効果を無視することで、通常の『ザ・ゲーム』をプレイできることもポイントです。

    評価
    プレイ人数1〜5人
    追加ルール『エクストリーム』

    意思の疎通を禁止する効果や、特定枚数のプレイを強制する効果、手札補充に制限をかける効果など多彩に登場します。これらは「即効命令カード」「継続命令カード」にカテゴライズされており、アイコンで直感的に認識できるようになっています。 『オン・ファイア』用の追加カードは含まれませんが、持っていれば、さらに追加して高難易度のゲームを楽しむことも可能です。

  • 『ザ・ゲーム フェイス・トゥ・フェイス 完全日本語版』

    『ザ・ゲーム』の基本システムを踏襲しながら、ゲーム体験を2人専用の対戦ゲームへと変化させた派生作品です。

    評価
    プレイ人数2人
    ポイント2人専用対戦ゲーム

    数字の昇順、降順を意識しながらカードを出し切ることを目指す点は『ザ・ゲーム』らしさがあります。 「ゴールド」「シルバー」のデッキを2人がお互いに持ちます。 自分のデッキカードを相手より先に出し切ることが勝利目的になっています。 2人で遊ぶことが多いのであれば、『フェイス・トゥ・フェイス』を用いた遊び方もおすすめです。

日本オリジナルの『ザ・ゲーム』

ニャルラ
人気イラスレーター326さんのイラストでフルリメイクされた『ザ・ゲーム』です。

その名も『THE GAME オバケやしきのすうじのアクマ』。

 

ニャルラ
プレイシートの追加や、オリジナルのカード効果が追加され、より遊びやすく盛り上がりやすく調整が施されています。

 

ニャルラ
世界観をよりキャッチーかつイメージしやすい内容に変更され、『ザ・ゲーム』ファンでもある326さんの愛が詰まった作品です。

「スキップ」「リバース」といったなじみ深いカード効果の追加に加えて、イラストにも遊び心が散りばめられています。

ニャルラ
こちらで詳しくご紹介させて頂きましたので、ぜひ合わせてご覧くださいませ。
『THE GAME オバケやしきのすうじのアクマ』ポップにリメイクされた大人気の協力ゲーム!

まとめ

『オン・ファイア』を追加して遊びたければ『ザ・ゲーム 第2版』

『ザ・ゲーム 第2版』制限された意思疎通で協力する高難易度カードゲーム

『エクストリーム』を追加して遊びたければ『ザ・ゲーム エクストリーム』

カード効果の追加で遊びごたえアップ!『ザ・ゲーム エクストリーム』

2人で対戦したければ『ザ・ゲーム フェイス・トゥ・フェイス』

『ザ・ゲーム フェイス・トゥ・フェイス』2人対戦専用ゲームに!

ポップなイラストと、UNO系の追加効果カードで遊びたければ『THE GAME オバケやしきのすうじのアクマ』

『THE GAME オバケやしきのすうじのアクマ』ポップにリメイクされた大人気の協力ゲーム!
ニャルラ
たくさん目にすることが増えた『ザ・ゲーム』シリーズ。

どれから遊んでみるか選ぶ参考になれば嬉しいです!

ニャルラ
それでは、ここまでご覧頂きありがとうございました!

また別の記事でお会いしましょう!

またね〜!

ハスナちゃん