『舞星・雅』アツい芸者の戦い! 伝説を継承するのはだれだ!?

ニャルラ
ルルイエ屋根裏堂へようこそ!

この記事では、アークライトさんから発売中の『舞星・雅』をご紹介させて頂きます!

ニャルラ
『舞星・雅』は、『ラブレター』でおなじみのカナイセイジさんの作品です。

おお! カナイさんだーね!

ショゴたん

これは期待大であるな。

クトウさん

ニャルラ
芸者さんをテーマにしたカードゲームなんですよ。

着物で優雅なあれね!

ハスナちゃん

ニャルラ
お酒の席でお客さんたちを魅了する彼女たちの物語なんです。

つくりこまれた世界観にも圧倒されます。

それでは、さっそく見ていきましょーう!

どんなゲームなの?

花柳界に名を馳せた伝説的な名妓「舞星」。

彼女は引退を機に、二代目として充分な素質をもつと思われる芸者に、その名と芸を譲りたいという意思を明らかにした。

その条件は、3回の祭りの間に最も多くの金子を稼ぐだけの力量を示すこと。

評判を上げることでさまざまな客の座敷をつとめ、見事「舞星」の名を継ぐのは果たして誰か?

パッケージ裏より抜粋

伝説の名妓が引退

ニャルラ
伝説の芸者さんが引退してしまうところから物語はスタートするのです。
なるほど、その芸の継承者を選びたいわけだ。

ハスナちゃん

より多くの金子を稼ぎ、後継者を目指す!

ニャルラ
そうです。

その条件が、3回の祭りの最中に、1番多くの金子、お金ですね。これを稼ぐことです。

プレイヤーは、それぞれ一人の芸者さんを担当する感じ?

ハスナちゃん

ニャルラ
まさにその通りです。

個性豊かな芸者さんたちの中から一人を選び、勝利を目指します。

遊び方〜簡単にルール説明〜

ニャルラ
手札からカードを出していくことで進行していくこのゲーム。

自分の手番では、以下の3つの行動が可能です。

  1. 座敷(客を出す)
  2. 宣伝(山札から1枚引き、評判を上げる)
  3. 紹介(手札を2枚まで交換する)

ニャルラ
自分の評判を上げながら、より高単価の客さんのお相手を数多くこなしていくことが重要になります。

そのやりくりが楽しいゲームですね。

1、座敷(お客さんのお相手をする)

ニャルラ
芸者さんには、それぞれ初期の評判値が設定されています。

何が得意かってことであるな!

クトウさん

ニャルラ
そうですね!

この評判値は、ゲームのプレイ中に上げていくこともできます。

ニャルラ
手札から、芸者カードの上側にカードを出すことで、お客さんのお相手をしていることになります。
ニャルラ
ちなみに、芸者さんの評判(色)以下のお客さんしかお相手することができません。

お客さんごとに、求めていることが違うわけだ!

ハスナちゃん

ニャルラ
お客さんには、様々な効果が設定されていることがありますので、その効果を適用してもかまいません。

その時々で、自分が有利になるようなお客さんを選んでいくことも重要になるのです。

より高い評判を望んでいるお客さんのお相手をつとめるためには、自分の評判を上げていく必要があります。

特別な予約客

実は、ゲームの開始時に1枚だけ、「予約客」として芸者さんの左側に伏せておく特別なお客さん「予約客」というのがいます。

彼らは、手番中いつでもお客さんとしてお相手できる一方で、ラウンド終了時にそのお相手ができるだけの評判を身につけていないとペナルティを受けてしまいます。

お客としてお相手できれば、予約客が持つカード効果も使用できるため、通常のプレイと上手に組合わせて使用することで、多大な恩恵を受けることもできるのです。

ゲームのポイント要素ですね!

2、宣伝(評判を上げる)

ニャルラ
山札からカードを1枚引いて、さらに手札からカードを1枚出します。

この時は、芸者さんの右側に出します。

右側にだされたカードに設定された数値分、芸者さんの評判値を高めることができるのです。

これでより高い評判を求めるお客さんのお相手ができるんだーね!

ショゴたん

ニャルラ
ですね!

右側にカードを出す場合でも、出されるカードはお客さんのカードです。

ですが、このときのカードからは得点も効果も発生しませんので注意してください。

3、紹介

ニャルラ
手札のカードを2枚捨て札にして、同じ枚数を山札から手札に補充します。

出したいお客さんカードがないときに活用しましょう。

なるほど!

お客さんが他のお客さんを紹介してくれて、入れ替わる感じであるな!

クトウさん

3ラウンドでゲーム終了

ニャルラ
ゲームのストーリーにある、3回の祭りの間に、というのは、ゲームでは3ラウンドを表しています。

1ラウンドは、以下の条件で終了します。

  1. 誰かの手札および予約客がなくなったとき
  2. 誰かが規定枚数の客を出したとき
  3. 山札がなくなったとき

ニャルラ
これを3回繰り返し、3ラウンド目が終了したとき、最も多くのお金を稼いでいた人の勝利です!

2代目「舞星」だ!

ハスナちゃん

ニャルラ
その通りです!

個性豊かなキャラクターと様々な効果

個性派揃いの登場人物

ニャルラ
芸者さんたちは個性派揃いです。
ニャルラ
カナイセイジさんの作品の特徴でもある、登場キャラクター達の徹底した掘り下げもルールブックに記載がありますし、これから始まる継承戦へのワクワク感を高めてくれます。

ロボット芸者なんてのもいるのであるな。

クトウさん

パンチきいてるーね。

ショゴたん

カード効果で楽しむ戦略

ニャルラ
カナイセイジさんの作品は、カード効果が多彩なゲームが多い印象です。

『舞星・雅』にも、シンプルかつ様々な効果カードが用意されています。

効果を軸にしてその手番の戦略を練る楽しみがあります。

まとめ【評価 / レビュー】

ニャルラ
2代目「舞星」を巡るアツき戦い、いかがだったでしょうか。
女同士の真剣勝負ね!

ハスナちゃん

ニャルラ
戦いといっても、言ってしまえばそれぞれがそれぞれのお仕事を一生懸命にこなした結果で判ずるわけです。

日々のお客さんとのやりとりの中で成長していく、そんな芸者さんの世界を垣間見れる気もする感慨深いゲームですね。

ニャルラ
ルール自体はシンプルですし、気持ちのいいカードまわしが楽しめる作品です。

機会があればぜひ、楽しんでくださいね!

ニャルラ
それでは、ここまでご覧いただきありがとうございました!

また別の記事でお会いしましょう!

またねー!

ハスナちゃん

スペック

タイトル 舞星・雅
ゲームデザイン カナイセイジ
イラスト 杉浦のぼる
発売元 アークライト
プレイ時間 30分
プレイ人数 3〜6人

内容物

  • ルールブック:1冊
  • 芸者カード:12枚(カードサイズ63㎜ × 88㎜)
  • 民衆カード:6枚(カードサイズ63㎜ × 88㎜)
  • 早見表カード:6枚(カードサイズ63㎜ × 88㎜)
  • 金子トークン:48個