SAN値の下がったラブレター『ラブクラフト・レター』

この記事では、『ラブクラフト・レター』を取り上げさせて頂きます!

タイトルでピンとくる方も多いかもしれません。

「ラブレター」「ラブクラフト」がタイトルに入っていますよね。

そうです! 本作品のテーマは「クトゥルフ神話」×『ラブレター』です!

クトゥルフ神話って?
宇宙的恐怖(コズミック・ホラー)をテーマとした架空の神話です。

ざっくり言うと、大昔に地球を支配していた異形の神々(旧支配者)の設定や世界観を体系化したものです。

ラヴクラフトって?
旧支配者が現代に蘇る、または影響を与えたことで起こる恐怖の現象を小説として発表した作家さんです。

彼の作品の世界観を体系化したものがクトゥルフ神話というわけです。

体系化した方はオーガスト・ダーレスという方なのですが、クトゥルフ神話の生みの親はラヴクラフトさんって感じです。

『ラブクラフト・レター』に話を戻しましょう。

つまり、クトゥルフ神話の世界感で楽しむラブレター! ってことですね。

『ラブレター』からルールやカード効果がハードに変化しています

単純なバージョン違いにとどまらない魅力がありますので、そのあたりをご紹介させて頂ければと思います。

『ラブレター』こちらの記事で紹介したーよ。
『ラブレター』世界が認めた16枚の駆け引き!

正気度が下がって『ラブレター』はこうなった!

『ラブレター』との違いに触れながら、『ラブクラフト・レター』をご紹介させて頂きます。

『ラブレター』の基本的なルールはこちらをご覧ください。

通常カードと狂気カード

ゲームに使用するカードは24枚(+1枚)です。『ラブレター』は16枚でしたので、少し増えていますね。

『ラブクラフト・レター』の大きな特徴として、狂気カードの存在が挙げられます。

通常カードと狂気カードは、カード左上にある数字の色の違いで区別することができます。

通常カードは黄色で、狂気カードは赤です。

狂気カードって?

狂気の能力を秘めたカードのことです。

通常カードとしての効果の他に、狂気効果を持っています。

「6」ニャルラトテップ
通常効果:他のプレイヤーを1人選び、手札を互いに交換する。
狂気効果:全てのプレイヤーの手札を奪ったのち、あなたのすきなように再配布する。

狂気効果がえげつないのである!!
ゲーム展開を一気に変えるような激しさが狂気効果の特徴です!

狂気効果の使用

強力な狂気効果を使用するためには条件があります。

それは、自分が既に狂気状態であることです。

狂気状態であれば、カードに記載されている通常効果と狂気効果の内、好きな方を使用することができます

狂気状態

自分の捨て札に狂気カードが存在する場合、狂気状態となります。

自分が使いたい狂気効果のカードがあれば、それ以外の狂気カードを通常効果で一度使用し、捨て札にしておく必要があるということですね。

SAN値チェックだっ!!

強力な狂気効果を使用できる狂気状態。

もちろん、ノーリスクではありません。

クトゥルフ神話において、狂気状態というのはだいたい良い状態ではありません←

狂気状態のプレイヤーは、手番(自分の順番)の開始時にSAN値チェックを行います。

やり方は簡単です。自分の捨て札に置かれている狂気カードの枚数だけ山札からカードをめくり、捨て札にします。

捨てたカードの中に狂気カードが1枚でも混ざっていた場合・・・

・・・混ざっていた場合?
脱落します。

でたーよ。

ちなみに、SAN値チェックでめくって捨てたカードの効果は使用できるのであるか?
できません。

めくったらそのまま捨て札になります。

狂気カードなのかそうでないのかを確認するだけです。

カード効果が激しくなった『ラブレター』

脱落度大幅アップ!

オリジナルの『ラブレター』も、そこそこ脱落が発生するゲームバランスでした。

しかし、『ラブクラフト・レター』ではそれ以上にさくさく脱落していきます。

さっきまで普通だった人が突然狂気じみた状態となり、その狂気に焼かれて気がついたら自滅していなくなっている。

ぐぅクトゥルフですね。

TCGユーザーにも遊んでみて欲しい

マジックや遊戯王、ヴァンガードといった、トレーディングカードゲームがお好きな方にも楽しんで頂けると思います。

カード効果の応酬や、山札の残りカードを推測しつつの狂気状態への移行など、戦略を考えるのが楽しいです。

ただ、運の要素が強いです。

戦略ではどうにもならない部分を楽しめない方には合わないかもしれません。

ボク、『ヴァンガード』がわりと好きなんだけーど、

SAN値チェックはトリガーチェックに似てるような気がするーよ。

言われてみれば似ていますね。

ただ、引き当てると脱落しますから、

引け! 引け! 引け! じゃくて、引くな! 引くな! 引くな!

ですね(笑)

まとめ

『ラブクラフト・レター』、なんとなく伝わりましたでしょうか。

カード効果を戦略的に使用していく硬派な側面がありながら、脱落しまくるお祭りゲーム的な側面も併せ持ちます。

なるべく人数は多めで遊んだ方が盛り上がります。

つかみどころがないというか、ちょっぴり理不尽なゲームね。
それこそがまさに『クトゥルフ神話』の醍醐味ですからね!

タイトル ラブクラフト・レター
ゲームデザイン カナイセイジ
イラスト 緒方剛志
メーカー アークライト
対象年齢 10歳以上
プレイ時間 5~15分
プレイ人数 2人、3人、4人、5人、6人