『ラブレター』(カードゲーム)世界が認めた16枚の駆け引き

ニャルラ
ルルイエ屋根裏堂へようこそ!

この記事では、アークライトさんから発売中の日本を代表するボードゲーム 『ラブレター』を取り上げさせて頂きます!

ニャルラ
元々はインディーズで発表された作品なのです。
持ってないの? インディーズ版。

ハスナちゃん

ニャルラ
……持ってないんですよね。

その名の通り、封筒に入った状態で頒布されていたそうです。

あらおしゃーれ。

ショゴたん

ニャルラ
そんな『ラブレター』は、いまや世界で数百万個も売れている大人気ゲームに成長したのです。

私も大好きなゲームのひとつです。

ニャルラ
小学3年生くらいから遊べるシンプルさと、大人もハマれる運と思考の絶妙なゲームバランスが魅力です。

ゲームに使用するカードはたった16枚

16枚だけで!?

ハスナちゃん

ニャルラ
インディーズ版『ラブレター』は、「500円で販売できるゲームを作る」というコンセプトから生まれた作品なのだそうです。
それで使うカードが少なめなのであるな。

クトウさん

ニャルラ
ゲームデザイナーは、今や日本が誇るアナログゲームデザイナーとなったカナイセイジさん。
ニャルラ
『ラブレター』のヒットを皮切りに、様々な商業ゲームのデザインを行なっています。
ニャルラ
さらに『ラブレター』は、漫画やアニメとのコラボを重ね、派生作品がたくさん存在します。

あなたのお気に入りもきっと見つかるはずです。

ニャルラ
この記事では、オリジナル版とも言われる基本の『ラブレター』について、詳しくご紹介していきます。

それではさっそくまいりましょーう!

『ラブレター』ってどんなゲーム?

ここではない場所、今とは違う時代、とある小さな王国に、美しい姫がいました。

その姫は気立てが良く、誰とも分け隔てなく接したため、国の皆から好かれていました。

そんな姫に心から惚れ込んだ若者たちは、姫の心を射止めるべく、恋文をしたためることにしました。

城に仕える様々な者たちに協力を仰ぎ、自らの想いを姫に伝えようとする若者たち。

彼らは一癖も二癖もある協力者たちの力を使い、見事姫に恋文を届けることができるでしょうか?

パッケージ裏より引用

憧れの姫にラブレターを渡したい!

ニャルラ
プレイヤーはみんな、お姫様に恋する若者となります。

でも、普通の若者がお姫様にラブレターを渡すのは難易度が高いですよね。

ニャルラ
というわけで、姫の関係者、つまりお城に勤めている人に協力してもらってラブレターを届けよう! というゲームなのです。

ライバルを蹴散らして、自分のラブレターだけを姫に届けたい!

ニャルラ
協力者がカードになっていて、それらのカード効果を駆使して勝者を決めます。

最後まで脱落せずに1人だけ残るか、山札が無くなった時点で手持ちのカードが一番強ければ勝利します。

遊び方〜ルールをざっくり〜

ニャルラ
使用するのは、8種類の役職カードを合計16枚です。

カードには、地位の高さ(強さ)を表す数字カード効果が記載されています。

この2つがあることを覚えておいて下さい。

さっそく、どんな流れでゲームが進むか見ていきましょう!

2枚の手札から1枚選んで捨てるだけ

各プレイヤーにカードを1枚ずつ配る

残りのカードは伏せて山札にする

自分の順番が来たら山札から1枚引く

2枚となった手札から1枚を場に捨てる。

その際、捨てたカードの効果に従い行動する

ニャルラ
これをみんなで順番に繰り返していくのです!
覚えやすいーね!

ショゴたん

カード効果の応酬が楽しい!

ニャルラ
てたカードの効果の応酬、これが『ラブレター』のゲーム展開です。

具体的にどんなことが起きるのか見てみましょう!

ニャルラ
例えば、「兵士」のカードを捨てたとします。
兵士

効果

対象のプレイヤーに「兵士」以外のカード名1つを宣言し、手札と一致したら脱落させる。

なるほっど。

それでは……

ハスナのそのカードは僧侶である!

クトウさん

あ、当たっている……だと……!

ハスナちゃん

ニャルラ
当たっているなら脱落です。
ぎやぁぁぁ

ハスナちゃん

(おそろしいゲームだーよ)

ショゴたん

ニャルラ
こんな感じで、サクサクゲームは進みます。
ニャルラ
カードの効果には色々な種類があって、自分を守る効果相手の手札を見る効果もあります。
僧侶

効果

あなたの次の手番まで、あなたへの効果を無効にする。

道化

効果

対象のプレイヤーの手札を見る。

ニャルラ
中でも人気があるのは彼、「大臣」です。
大臣

効果

手札の強さの合計が12以上である場合、あなたは脱落する。

強さ「7」!

さすがの地位の高さだーね!

ショゴたん

ニャルラ
強さもさることながら、彼のパンチ力はその効果にあります
この効果ってまさか……

ショゴたん

ニャルラ
そうです。自爆です。

手札に強さ「5」以上のカードを持っている状態で「大臣」を引いてしまうと、引いた瞬間に自分が脱落します!

かお

ショゴたん

初めてのボードゲームにおすすめ

教える側も覚える側も簡単!

ニャルラ
ルールはシンプルですので、すぐに覚えて楽しめます。

1枚引いて、2枚になった手札のから、1枚を捨てる。

これだけ覚えればすぐに遊び始められます。

繰り返し遊びたくなる

ニャルラ
運の要素があるため、場合によっては最初にカードを引いた瞬間に脱落することもあります。

1ゲームを5分程度で、気軽に何度もプレイ遊べますので、そんな展開も「オイシイ」と思えてしまいます。

ニャルラ
アークライトさんの『ラブレター』には、効果の異なる差し替え用の追加カードが数種類同梱されています。

ラブレターのお相手を姫から王子に変更することなんかも可能です。

メガネっ娘とかショートカットの姫もいますよ。

ニャルラ
なんといっても、姫のパパを参戦させられるところに注目です。

効果

このカードが手札にある場合、あなたは脱落する。

ニャルラ
パパを引いた瞬間に脱落です。

そりゃそうだーよ!

ショゴたん

自分の娘あてのラブレターは届けないわー。

ハスナちゃん

2セット同梱されているお得仕様

ニャルラ
効果説明文が書かれていないプロ仕様(?)カードも1セット同梱されています。

担当イラストレーターである杉浦のぼるさんのイラストを全面で楽しめます。

数字の下に効果を直感的に現したアイコンがあるので、慣れると意外と遊べちゃいます

ニャルラ
もちろん、追加カードも2セット分入っています

カードをなくしてしまったりした時にも代用でき、予備と考えることもできますね。

まとめ【評価 / レビュー 】

ニャルラ
ちょっと長くなってしまいましたがいかがだったでしょうか。

大好きなゲームなので、『ラブレター』の魅力が少しでも伝わっていれば嬉しいです。

ニャルラ
『ラブレター』をはじめとした日本人デザイナーの小箱作品を、海外ではミニマルゲームなんて言い方をするそうです。

ドイツやアメリカのボードゲームは、大箱で内容物もぎっしり入っていてどーん!! という感じが多い一方、日本のゲームは無駄をそぎ落としてシンプルにまとめられているという敬意がこめられているんだそうです。

ニャルラ
大人だけでなく、お子さんにもぜひ遊んで欲しいゲームです。

なぜなら、『ラブレター』は参加者が見えないところでもルールを守らないとゲームが破綻するのです。

これはボードゲームという遊び自体に言えることなのですが、全員でルールを守ることが、ゲームバランスの大前提となっているのです。

ルールをみんなで守るからこそ楽しく遊べる! っていう体験を、子供にも遊びながら感じて欲しいです。

ニャルラ
機会があればぜひ、みなさんで楽しんでみてください。
ニャルラ
それでは、ここまでご覧いただきありがとうございました!

また別の記事でお会いしましょう!

お会いしましょうである!

クトウさん

タイトル ラブレター
ゲームデザイン カナイセイジ
イラスト・デザインワーク 杉浦のぼる
メーカー アークライト / カナイ製作所
対象年齢 10歳以上
プレイ時間 5~10分
プレイ人数 2人、3人、4人