色や形を見極めて、素早くその手でキャッチする!『おばけキャッチ』

ボードゲームをたくさんやっていますとね。

探検家になったり、実業家になったり、お姫様に恋い焦がれる若者になったり、実にたくさんの経験をいたします。

そうしますとね、

つかめるようになるんですよ。

オバケを!! 素手でーねっ!!
今回は、かわいい木製のコマとカードで遊ぶお手軽ゲーム『おばけキャッチ』をご紹介します。

世界観がなんかかわいい

それは呪われた・・〇〇〇

ここはとある幽霊屋敷。

地下室で1台のカメラが見つかります。

実はこのカメラ・・・呪われているんです。

このカメラで撮影されたモノは時々・・・

 

間違った色で写ってしまうのです・・・!

かわいいーよ!! 呪い方がかわいいーよ!

ホラーな感じがないーよ!

撮影しようとしたら覗き口から顔が離れなくなるとかそういう、実生活に支障をきたすような呪いじゃないところがいいーよ!

それもホラーではないのである

だから写真を一枚一枚確認しよう!

写真があっているのかまちがっているのか、確かめよう! ってなわけです。

別のカメラを使えばいいじゃないとかそういうんじゃないです

コンポーネントもかわいいんです

木製のコマが5種類 これらを撮影したようですね。

カードは60枚 こちらが写真というわけですね。

直感的に楽しめるルールがこどもや初心者にも◎

カードとコマをよく見比べて、条件にあったコマをつかむ!

条件1 イラストの中で色と形が同じコマ

カードに描かれているコマのイラストと、「色」「形」も同じコマを素早くつかみます。

 

上の画像の場合、イラストに描かれているのは「青い本」と「白いねずみ」ですね。

「青い本」をつかんだ人の勝ちです。

 

簡単ですよね。でもこれだけじゃないんです。

次の条件が入ってくることで、頭の中がわちゃわちゃします。

条件2 イラストの中に同じ色も同じ形もないコマ

カードに描かれているコマのイラストと、「色」「形」も違うコマを素早くつかみます。

上の画像の場合、イラストに描かれているのは「赤いネズミ」と「白いビン」です。

ネズミのコマは灰色、ビンのコマは緑ですので、どちらも”条件1″を満たしていません。

そんな時は、この”条件2″「色」も「形」も違うコマをつかみます。

ちょっと言い回しが下手ですみません。つまり、

 

イラストに描かれているのは「赤いネズミ」と「白いビン」ですから、

赤くもなく、白くもなく、ネズミでもなく、ビンでもないコマ・・・

そう、「青い本」をつかめば勝ちです。

余計なことを考えずに、ゲームに夢中になれる

一瞬の勝負を繰り返す爽快感が◎

「完全一致」か「完全不一致」を同時に探すわけです。

脳トレによさそうな感じ。

マジになりすぎて、目が怖くなってしまうのは注意だーよ。

コマが入ってるとやっぱり嬉しい

カラフルなコマが入っていると、遊んでいる風景もにぎやかになりますし、気分が上がります。

コマが入っている割には低価格なのもありあたしである。

子供と大人、勝つのはどちら?

  • ルールが簡単
  • 子供も楽しめる
  • 大人も真剣になってしまう

親子で遊ぶのにピッタリだと思います。お子さんの意外な一面が見られるかも。

余裕があれば、悩んでいるお子さんの顔を眺めるのもいいかもしれません。

あ、見つけたなっと感じたら、先にとってしまいましょう

ドン引きだーよ
コマをつかむのは早い者勝ちですから、怪我には気を付けてくださいね。

手と手がぶつかることもあるので、爪は短くしておくと安心。

タイトル おばけキャッチ
デザイン Jacques Zeimet
メーカー メビウスゲームズ
プレイ人数 2人、3人、4人、5人、6人、7人、8人
プレイ時間 20分