負けたらお漬物! 最後の1枚が勝負を決める! 『5本のキュウリ』

この記事で取り上げさせていただくのは、『5本のキュウリ』です!

スカンジナビアの伝統ゲーム「アグルカ」がベースになっていて、ゲームデザイナーのフリードマンブリーゼさんがアレンジしたものが、この『5本のキュウリ』なのだそうです!

余談ですが、フリードマンブリーゼさんは緑がとてもお好きなようで、彼のデザインしたゲームはメインカラーがだいたい緑色です。

イベントにご参加された時のお写真をどこかで見たことがあるのですが、ご本人の髪の色も緑色でした。

緑は良い色である。
『5本のキュウリ』もしっかり緑色のゲームに仕上がっていますよ。

負けたらお漬物

最初に言っておかないといけないことがあります。

なになに?
『5本のキュウリ』で負けた人は、「お漬物」の称号を得ます。

うわぁ、お漬物は好きなのになんかいやだーよ!

大きな石を上から乗せられて、

「このつけものやろう! 」とか言われるのであるな。

被害妄想がすぎるわね。
ふふふ

嫌なら勝てばいいのです!

「1枚ずつカードを出す」を7回!

1〜15までの数字が描かれたカードを使って遊びます。

参加者に7枚ずつカードが配られ、それを手札とします。(ランダムですよ)

親から順番に1枚ずつカードを場に出していきます。

出せるカードの条件は2つ!

1.大きい数字

場に出ている一番大きい数字以上の数字カードです。

直前に出されたカードの数字ではなく、既に場に出されているカードの数字で一番大きい数字以上と覚えてください。(勘違いが起こりやすいです)

2.小さい数字

自分の手札の中にある、一番小さい数字のカードです。

一番小さい数字です。

ごまかし厳禁ですよ!

全員が1枚ずつ出し終わったら判定

この、1枚ずつカードを出して一周することを、「トリック」と言います。

このトリックを繰り返していきます。

場に出ているカードをわきによけて、2周目に突入です。

出したカードの数字が1番大きい人は、次のトリックで一番最初にカードを出すことが出来ます。

1番最初にカードを出すときはどんな数字でも出せますので、そのトリックの流れをコントロールすることができるのです!

7トリック目、最後の1枚

トリックを繰り返すと、手札は1枚ずつ減っていきます。

そして最後の1枚を出す7トリック目。

条件に関係なく、持っている最後の1枚を場に出します。

最後のトリックでは、1番大きな数字カードを出した人の負けとなります。

『5本のキュウリ』は、7トリック目に大きい数字を出さないようにするゲームです!

つまり、1〜6トリックまでは1番大きい数字を出していた人にアドバンテージがあるのですが、最後の7トリック目では、小さい数字を出した人(残していた人)が勝利するのです。

負けたらキュウリトークンを受け取る

1番大きな数字を出して負けてしまった人は、その数字の大きさによって1〜5本のキュウリを受け取ることになります。

5本までなら受け取っても大丈夫です。

ただ、6本をこえると…

こえると…?
脱落します。

出たーよ。
しかも、「お漬物」の称号を得たうえで脱落します。

脱落するうえに煽られる…!!
この、誰かがキュウリを受け取るまでの1セットを「ラウンド」と呼びます。

7トリックで1ラウンドなんだーね!
そうです!

このラウンドを繰り返していき、残った1人が勝者となります!

勝者の周りには脱落したつけものやろうが散乱しているのね。

言い方

まとめ

数字カードを使い、トリックを重ねていくこういったスタイルのゲームを、「トリックテイキングゲーム」なんて呼んだりします。

ルール自体はシンプルなのに駆け引きがアツく、トランプを使用して遊べる「トリックテイキングゲーム」もいくつかあります。

『5本のキュウリ』はその入門としてもオススメです。

数字がゲームシステムのメイン要素となっていますが、ルールも複雑ではありません。

小学生くらいなら楽しめちゃいます。

親子とか、家族で気軽に楽しんでもらえるゲームだと思います。

家族で5本のキュウリ、オススメですよ!

タイトル 5本のキュウリ 完全日本語版
デザイン Friedemann Friese
メーカー アークライト / 2F Spiele
プレイ時間 25分
プレイ人数 2人、3人、4人、5人、6人