『FLASH WORD(フラッシュワード)』ひらめけセンス! ワードゲームの新定番

ルルイエ屋根裏堂へようこそ!

この記事では、日本卓上開発さんのOTEMOTOGAMESブランドから発売された『FLASH WORD(フラッシュワード)』をご紹介させて頂きます。

「ゲームマーケット2018春」の戦利品です!

箱が小さくてかわいいーね!

デザインがすごくおしゃれ!
ゲーム内容は、決まった文字数と頭文字から言葉を連想して口に出す、というシンプルなものです。

シンプルが故に洗練されている印象です。

さっそく見ていきましょう!

『FLASH WORD(フラッシュワード)』ってどんなゲーム?

カード裏面の「数字」が規定の文字数、表面の「ひらがな」1文字からはじまる単語を連想してすばやく発声します。

時間内に単語を発声できれば成功! 失敗した場合は場のカード全てを抱えます・・・・・・。

ひと文字&数字からはじまる時限式の脳開発。

ルールが簡単なので、年齢を問わず繰り返し楽しめる、スピード型連想ゲームです。

ルールカードより引用

人気の高い言葉遊び系のゲームです!

年齢性別問わず楽しめるので、遊ぶシチュエーションも選びません。

日本卓上開発

聞きなれない会社さんですよね。

ジオクレイパーを作っているメーカーさんです。

なんでボードゲーム? って思ったんですけど、

どうやら、旧「アルジャーノンプロダクト」さんのようです。

「アルジャーノンプロダクト」さんと言えば、ダンガンロンパ人狼』『進撃の人狼』といった、アニメコンテンツをボードゲームにのせるのが得意なメーカーさんです。

ゲームシステムの開発はアークライトさんが行なっているようですね。

OTEMOTOGAMES

『FLASH WORD(フラッシュワード)』は、日本卓上開発さんが立ち上げたOTEMOTOGAMESブランドの記念すべき第1作目! とのことです。

おてもとゲームズ!

かわいいーね。

『FLASH WORD(フラッシュワード)』の遊び方

遊び方① 3秒以内に言えたら成功

参加者は、順番に山札からカードをめくっていきます。(ひらがなを表にして横におきます)

めくった人は、3秒以内にめくったひらがなから始まる単語を発声します。

山札の上に描かれている数字が単語の指定文字数になります。

ではどうぞ

ネクロノミコン!

ミープル!

さ・・・さ・・・さかな・・・ちがう・・・さ・・・

さだまさし!
3秒を越えてしまいましたので失敗です。

今までに成功されて溜まっているカードもまとめてマイナス点としてひきとってください。

おおん

遊び方② 誰よりも早く言う!

 

早さを競う遊び方も出来ます。

この場合は、一番早く単語を発声した人が勝利点としてカードを獲得します。

なるほーど!

やってみよー!

くしゃみ!

鼻づまり!

は、早いのである・・!

たいおんけい!

あなたの風邪はどこかーら?
私は鼻から。

でしょうね。

まとめ

ルール説明もほとんど必要ないので、箱を開けたらすぐ遊べるのがイイですね。

ボードゲームを遊ぶぞ! って時よりも、なんか手持ち無沙汰になったタイミングで取り出すと、ゆるく楽しめそうです。

単語のテーマを絞ってみても面白いですよ!

タイトル スピード型瞬間連想ゲーム FLASH WORD
ゲームデザイン 橋本 淳志
グラフィックデザイン 蒲 淳志
メーカー 日本卓上開発
対象年齢 8歳以上
プレイ時間 10分
プレイ人数 2人、3人、4人、5人、6人