『緑の国のアリス』シリーズ随一の難易度を誇るパズルゲーム!

ニャルラ
ルルイエ屋根裏堂へようこそ!

この記事では、アークライトさんから発売中の『緑の国のアリス』をご紹介させて頂きます!

ファストフォワードシリーズだーね!

ショゴたん

ニャルラ
そうなんです、ルールブック不要のファストフォワードシリーズの第3弾ですね!
今回のはどんなゲームなのかしら!

ハスナちゃん

ニャルラ
今度は「協力ゲーム」です。

しかも、超絶高い難易度の。

ニャルラ
シリーズの他の作品が、手軽に楽しめるのに対して、この『緑の国のアリス』だけはガッツリとした思考を求められる、とても頭を使うゲームです。

その分勝利の満足度も高いのですが、挑戦には覚悟が必要ですね。

プレイ時間も75分となっているのも頷けます。

ニャルラ
協力ゲームによくある、ソロプレイが可能であることも特徴です。

1人で難解なパズルに挑むような楽しみ方もできるので、そちらもオススメですね。

それでは、さっそく見ていきましょう!

どんなゲームなの?

「早く! 逃げなくちゃ!」あなたは仲間に叫んだ。

「怪物がすぐそこまで迫ってるの! しかもどこから襲ってくるわからない! だれか助けて!」

諸君は心踊る物語の全章を読み終え、無事生き残ることができるだろうか?

『緑の国のアリス』は、協力型闘争ゲームです。

パズル好き(でアクティブ)なあたなのチョイスが勝利のカギとなります。

  • ファストフォワードシリーズには何とルールブックがありません。
  • カードが自ら語り出すルールやストーリーに導かれてゲームはどんどん進みます。
  • さあ、仲間を集めて今すぐ遊ぼう!

パッケージ裏より抜粋

ニャルラ
今回の緑のシリーズは協力型。

そして逃走をテーマにしています。

何かから逃げるーの?

ショゴたん

ニャルラ
彼から。

おおう。

クトウさん

ニャルラ
フリードマン・フリーゼさん率いるメーカー、2Fシュピーレさんのロゴマークですね!

この「緑の怪物」から逃げ回ることになります。

遊び方〜簡単にルール説明〜

ニャルラ
ゲームの仕様上、全てを明かしてしまうのもあれなので、ざっくりさわりだけご紹介させてください。

緑の怪物

ニャルラ
プレイヤー達は4人のキャラクターを操り、それぞれのキャラクターの手番を順番に行っていきます。

こんなイメージです。

ニャルラ
そして、キャラクターにはカードを「保有」するという概念があり、様々な効果のカードを保有しながら使用していきます。

その保有できるカードの中に、「緑の怪物」があります。

ざっくり言うと、「緑の怪物」を保有しているキャラクターの手番が開始されると、プレイヤーたち全員の負けとなります。

カードを使用してコントロール

ニャルラ
使用可能なカードの効果には様々なものがあります。

プレイ順を逆まわりにするものスキップするもの、山札からカードを引いて使えるカードを増やすものなど多彩です。

これらを上手に活用し、「緑の怪物」から逃げまわります。

ニャルラ
規定数逃げ切ることができればチュートリアルクリアです。

このチュートリアルをクリアするだけでもかなりの練度が必要です。

なかなか手強いのです。

まとめ【評価 / レビュー】

ニャルラ
ファストフォワードシリーズのゲームは、先の見えない展開や変化していくルールが楽しい新しいタイプのゲームです。

『緑の国のアリス』も、驚きの展開や様々なカードが追加されていきます。

シリーズの中でも、特に高難易度に設定されている印象があり、ある種パズル的な思考が必要となることから、じっくり腰を落ち着けて楽しむゲームに仕上がっています。

ニャルラ
ソロプレイで黙々とクリアを目指すなんていうストイックな楽しみ方もオススメです。

機会があればぜひ、楽しんでみてくださいね!

ニャルラ
それでは、ここまでご覧いただきありがとうございました!

また別の記事でお会いしましょう!

またお会いしましょうである!

クトウさん

 

スペック

タイトル 緑の国のアリス
ゲームデザイン フリードマン・フリーゼ
イラスト ハラルド・リースケ
発売元 アークライト
プレイ時間 75分
プレイ人数 1人,2人,3人,4人

内容物

  • 特大カード:90枚(カードサイズ70㎜ × 110㎜)
  • 透明の仕分け袋