そのゴーレムは何クリスタルですか?『センチュリー:ゴーレム』

この記事で取り上げさせていただくのは、アークライトさんから発売中の『センチュリー:ゴーレム』です!

センチュリー? 『センチュリー・スパイスロード』と関係あり?
そのシナモンは何ターメリックですか? 『センチュリー:スパイスロード』
そうです! 大いに関係ありです。大事なことなので先に言います。

『センチュリー:ゴーレム』と『センチュリー・スパイスロード』のゲームルールは一緒です!

同じルールとな。
違うのはテーマです。テーマが違うだけです。

ただ・・・

ただ・・・?
すごくイイ・・・!

ここが違うよ! ゴーレムエディション!

ここからは、 『センチュリー・スパイスロード』を知っていることを前提に、違いについてお話していきます。

こちらの記事で取り上げさせて頂いていますので、ご存知ない方は先に覗いてみてください。

そのシナモンは何ターメリックですか? 『センチュリー:スパイスロード』

扱うのはスパイスではなくクリスタル!

正確には、《ソウル・クリスタル》というものです。

 

『センチュリー・スパイスロード』では、《スパイス》でした。

 

集めたり取引したりしながら価値や量を調整して、勝利点と交換します。

この勝利点がゴーレムなのです!

楽しさは『センチュリー・スパイスロード』そのまま!

もちろん、デッキ構築型ゲームです。

今回も商人カードを駆使して取引していきます。

商人カードのイラストも、世界観を反映した新しいイラストです!

イラストが違うとそれだけでかなり新鮮です。

やけにリッチなコインは色違いです!

まとめ

ざっくり言うと、ファンタジーな世界観で楽しめる『センチュリー・スパイスロード』です。

スパイスロードの世界観がちょっとお堅いなと思った方や、ファンタジーな世界観がお好きな方にはぜひ遊んでみて欲しいです。

ボクはゴーレムの方が好きだーよ!
好みは結構分かれると思いますので、お好きな方でセンチュリーを楽しみましょう!

センチュリー3部作の内のひとつではない!
『センチュリー・スパイスロード』からスタートする3部作とはまた別枠なのだそうです。
あくまで、『センチュリー・スパイスロード』のバージョン違いってことですね。

タイトル センチュリー:ゴーレム 完全日本語版
デザイン Emerson Matsuuchi
メーカー Plan B Games / アークライト
プレイ時間 30~45分
プレイ人数 2人、3人、4人、5人