パチパチはまるピースが気持ちいい、カラフルな陣取り合戦『ブロックス』

今回は『ブロックス』をご紹介いたします。

どちらかというとオセロや囲碁に近いジャンルのゲームです。

みんなで盤上にピースをパチパチとはめていき、たくさんピースを配置した人が勝利します。

遊び方は直感的に把握できて、とっても簡単です。

知名度もかなり高く、おもちゃ屋さんなどでもよくみかけます

 

なんだかテトリスみたいだーよ

半透明でとってもきれいだーね!

我輩、テトリスだいすっきである

 

あ、むかしーさ! ケータイゲームでテトリスが流行ったときあったじゃないー

あの時、みんな3万点いったーとか4万点いったーとか言ってたなーか

一人だけ22万点とか出してドン引きされてーたよね

なんなら気持ち悪いって言われたのである

ブロックは落ちてきません! 配置していくのです!

1人1色を担当します

色が違うだけで、同じブロックのセットだーよ

 

ゲーム盤の上にピースを一番たくさん配置すれば勝利です!

これが陣取り合戦の舞台です。

最初は真っ白ですけれど、ゲームが進めばどんどんカラフルになります。

みんなで順番に一つずつピースを配置していきます

3つ覚えればすぐ遊べる! ピースの配置ルール!

1、最初に配置するピースは角っこのマスを埋める!

全員が最初のピースを置くと、こんな感じになります。


2、二つ目以降のピースは、自分のピースの角とつなげる!

ブロックスを遊ぶうえで、基本のルールです!

3、同じ色のピースと、辺が接してはならない!

角をつけるけど辺はつけない、これを意識しながら置く場所を考えていきましょう

誰もピースを配置できなくなったら得点計算!

全てのピースを配置できたら「+20点」!

全部のピース配置を目指すーよ!

手元に残ったピースの1ブロックにつき「-1点」!

紙のカードやボードとは一味違う「おもちゃ感」が◎

「自分でも出来そう」「やってみたい」が湧き上がる

半透明なカラーピースは、触ってみたい感が抜群です。

カラフルなブロックがたくさん並んだゲーム風景もわくわくを誘います。

パチパチとはまる感触が心地よい

空いた隙間に綺麗にパチっとハマった瞬間はプレイスレス。

子供相手に大人も本気で楽しめる。

大人気なく戦略を練って挑んでも、子供に負けてしまうこともしばしば。

子供の集中力が、まさかの配置スペースを見つけてきます。

 

「相手を徹底的に負かす」ことが難しく、遊んだ人みんなが「楽しかった」と思えるゲームです。

ルールも簡単なので、開けてすぐ遊べるところも嬉しいです。

タイトル ブロックス
デザイン Bernard Tavitian
メーカー マテル・インターナショナル
プレイ時間 20~30分
プレイ人数 2人、3人、4人