『ブラックストーリーズ』質問で真相に迫る、黒いミステリー集

ニャルラ
ルルイエ屋根裏堂へようこそ!この記事では、大人気のシチュエーションパズルゲーム『ブラックストーリーズ』をご紹介させて頂きます!

たくさんシリーズ展開されているんですけれど、基本的に遊び方は一緒です。

今回取り上げさせていただくのは、『ブラックストーリーズ2:鳥肌の立つ“黒い”物語』です。

シチュエーションパズル?

ハスナちゃん

ニャルラ
「水平思考推理ゲーム」「yes/noパズル」とも言われるゲームのジャンルです。

出題者が想定しているストーリーに対し質問をしていき、そのストーリーの謎の部分を全て説明できたとき、このストーリー(パズル)は解けたことになるっていう遊びなんです。

ニャルラ
基本的に会話のみでゲームを進行することができますので、遊ぶシチュエーションを選ばないカジュアルさが魅力です。

さっそく見ていきましょう!

どんなゲームなの?

ニャルラ
『ブラックストーリーズ』は、その名の通り、ブラックな内容の物語を中心に収録されています。

要は、問題とその回答がたくさん入っているっていうゲームなんです。

カードの表に物語、その裏面に真相って感じです。

ニャルラ
個人的に大好きな作品なのですが、大きな弱点があります。
なんとなく分かるきがするーよ。

ショゴたん

もしかして一度しか……?

クトウさん

ニャルラ
そうなんです。

一度遊んだことがあり、真相を知っている物語では、もう解答者として楽しむことができなくなるんです。

なるほどねぇ。

ハスナちゃん

ニャルラ
とはいえ、出題者としてなら未プレイの方たちとはいくらでも遊べます。
ニャルラ
なにより、なかなか遊び尽くせないほどのボリュームで物語が収録されているので、そこまで気にする点ではないのが実際の感想ですね。
ニャルラ
シリーズとして、いくつもパッケージが発売されているので、気に入ったらそちらにもチャレンジしてみれば、実質無限に遊び続けられます。

遊び方〜簡単にルール説明〜

ニャルラ
私が出題者(リドルマスター)をやりますね。

例えば、こんな物語があります。

冷凍

小さな木に、氷漬けの若い女がひっかかっていた。

ひえっ

ハスナちゃん

ニャルラ
どうしてこんなことになってしまったのでしょうか。

真相はこのカードの裏側に記載されているのですが、みなさんには質問を通して、この真相を暴いてもらいます。

どうしてこんなことになってしまったのであるか?

クトウさん

ニャルラ
それ質問ですか?

質問は、「はい」か「いいえ」で答えられるものに限定するというルールがあるので、それでお願いします。

答えを聞いて行くスタイルわろたーよ。

ショゴたん

ニャルラ
質問の回数、順番などに制限はありません。

自由に、何回でも聞いてください!

この女性は、生きていますか?

ハスナちゃん

ニャルラ
「いいえ」

おそらく亡くなっています。

じゃぁ、誰かに殺されたというこーと?

ショゴたん

ニャルラ
「いいえ」

「小さな木」でないと成立しないのであるか?

クトウさん

ニャルラ
「いいえ」

「小さな木」である必要はありません。

むしろ、木にひっかかったのはたまたま?

ハスナちゃん

ニャルラ
「はい」

たまたまですね。

難しいわねぇ。

ハスナちゃん

これは、事故であるか?

クトウさん

ニャルラ
「はい」

彼女も想定していなかったと思います。

地中にあった氷漬けの古代人が、木が成長する過程で押し上げられたんだーよ!

ショゴたん

ニャルラ
「いいえ」

それだと、普通に氷が溶けてしまうような気温の場所です。

あと、彼女は現代人です。

彼女は、氷漬けの状態で空から降ってきた……?

ハスナちゃん

ニャルラ
「はい」

それでたまたま木にひっかかりました。

彼女は空中で誰かに突き落とされたのである!

クトウさん

ニャルラ
「いいえ」

それだと故意に殺されていますよね。

彼女の趣味はスカイスポーツだ!

ハスナちゃん

ニャルラ
さぁ、こんな感じで遊んでいくゲームです。
ここで切るーの!?

ショゴたん

ニャルラ
真相まで続けちゃうとネタバレになってしまうので!

ニャルラ
気なるあなたはぜひ遊んでみてくださいね!

まとめ【評価 / レビュー】

ニャルラ
ゲームの性質上、固定メンバーで遊ぶ機会が多いという人よりは、色んな方と遊ぶ機会があるよって人の方が、活躍の機会が多いゲームかと思います。
ニャルラ
基本的に会話だけで成立する思考パズルなので、車の中とか、新幹線の中とか、移動中に楽しむのもオススメです。
ニャルラ
特に向き合って座る必要もありませんので、私は飲み屋のカウンター席で友人と遊んだことがあります。

はたから見れば、会話しているだけという。

ニャルラ
事件発生と事件解決を一瞬で読むことのできる読み物と考ると、ミステリー小説が好きな人にもオススメですね。

明らかに真相にたどり着くのが無理ゲーな物語も含まれてるのはご愛嬌ですかね。

私は開けてから楽しくなってしまって、一気に全部読んじゃいました。

解答者はもうできないっていうね。

ハスナちゃん

ニャルラ
そういう楽しみ方もできますって感じですねぇ。

機会があればぜひ、楽しんでみてくださいませ!

ニャルラ
それでは、ここまでご覧いただきありがとうございました!

また別の記事でお会いしましょう!

またねー!

ハスナちゃん

スペック

タイトル ブラックストーリーズ2:鳥肌の立つ“黒い”物語
ゲームデザイン ホルガー・ベッシュ
イラスト ベルンハルト・スコープニク
発売元 コザイク
プレイ時間 2〜222分
プレイ人数 2人〜

内容物

  • カード:50枚(カードサイズ:87㎜ × 126㎜)
  • ルールブック:1冊