『13ゴースト』地下室に隠れたのは誰!? 数字推理カードゲーム!

ニャルラ
ルルイエ屋根裏堂へようこそ!

この記事では、アークライトさんから発売中の『13ゴースト』をご紹介させて頂きます!

2人〜4人まで遊べるお手軽な数字推理カードゲームです。

相手の持ってる数字を当てるみたいな?

ハスナちゃん

ニャルラ
そうです!

少しカードゲーム『ラブレター』に似た印象もありますね。

『ラブレター』の数字当て要素に特化したカードゲームって感じです。

ニャルラ
手軽に楽しめてとっても楽しいですよ!

さっそく見ていきましょう!

どんなゲーム?

幽霊屋敷を支配しようと、ゴーストたちが競っています。

ベストな隠れ場所を見つけて、その地位を手に入れましょう!

13枚のカードが織りなすお手軽推理ゲーム!

パッケージ裏より引用

 

ニャルラ
それぞれに1〜13の数字が記されたゴーストカードを使用します。

2〜3人までは1セット使用で、4人で遊ぶときは2セット使用してチーム戦になります。

もちろん、1商品に2セット入っています!

ニャルラ
プレイヤーは、それぞれが1枚のゴーストカードを伏せます。

これが地下室に隠れているゴーストとなり、お互いにこのゴーストの数字を当てあいます。

ニャルラ
プレイは、持っている1枚の手札を表向きでプレイして相手カードのヒントを得るか、裏向きでプレイして、相手カードの正体を宣言するかです。
簡単そうである!

クトウさん

ニャルラ
プレイされたカードごとに質問が書かれていたりするので、プレイされたら誠実に質問に答える必要があります。

徐々に相手の伏せカードの数字が絞れてくるので、なかなかアツい推理合戦が楽しめます。

遊び方〜簡単にルール説明〜

ニャルラ
2人用のルールを例に遊びかたをご紹介しようと思います。
ニャルラ
まず、お互いに13枚の山札からランダムに2枚を受け取ります。

受け取った2枚の内、1枚を選び相手に見られないように伏せます。

残った1枚は手札になります。

相手の伏せカードの数字を当てることがゲームの目的です。

手番にできること

ニャルラ
以下の2つのうち、ひとつを行います。

  1. カードをプレイ
  2. 攻撃する(相手の伏せカードを当てる)

もう少し詳しく見てみましょう!

1、カードをプレイ

ニャルラ
持っている手札1枚を公開し、カードに書かれている効果を適用します。

カードの内容は、山札を見る内容であったり、相手に伏せたカード数字をふんわり質問するような効果が中心です。

のちほど、カード効果もご紹介させてください!

2、攻撃する(相手の伏せカードを当てる)

ニャルラ
カードを裏向きで出し、相手の伏せカードの数字だと思う数字をひとつ宣言します。

見事当てることができれば当てた人が1勝です。

ハズレたら、そのままゲームは続行します。

ニャルラ
ハズレた場合とカードをプレイした後は、手札が0になっているはずです。

山札から1枚引いて、相手の手番に移ります。

すぐに遊べそうであるな!

クトウさん

ニャルラ
ルールはなかなか簡単ですよね!

ちなみに、先に3勝した方がゲームの勝者となります!

カード効果をご紹介

1

連続した番号を4つ宣言し、「地下室に隠れているゴーストはそのどれかだよな?」と質問する。

2

誰かがすでにプレイして場に公開されているゴーストカードをどれでも1枚選び、その指示にしたがう。

あるいは、山札から1枚引いて直ちにプレイし、その指示にしたがう。

3

「地下室に隠れているゴーストは偶数の番号かな〜?」と質問する。

4

攻撃を行う。次にあなたが手番を迎えるまで、あなたは対戦相手のプレイしたゴーストのもつ青いボックスに記されている効果を無視する。

5

「地下室に隠れているゴーストは1か2か3か4よねー?」と質問する。

6

「地下室に隠れているゴーストは8以上に決まっとるよな?」と質問する。

7

「地下室に隠れているゴーストは5か6か8か9ですよねん?」と質問する。

8

山札の底から2枚をこっそり見て、順番を変えずに戻す。

その後、攻撃を行う。

9

「地下室に隠れているゴーストは10か11か12か13だよな〜?」と質問する。

10

山札の上から3枚をこっそり見て、うち2枚を選んで任意の順番で山札の底に入れ、残りの1枚を山札の上に戻す。

11

攻撃を2回連続で行う。

ただし、それらの攻撃では連続する番号を宣言しなければならない。

12

任意の番号を3つ宣言し、「地下室に隠れているゴーストはそのいずれかざますね?」と質問する。

13

任意の番号を1つ宣言し、「地下室に隠れているゴーストはその番号以上だ。そうだな?」と質問する。

まとめ【評価 / レビュー】

ニャルラ
『13ゴースト』いかがだったでしょうか。

カードゲームの中でも、ルールは手軽な部類に入るかと思います。

ニャルラ
手札は常に1枚なので、選ぶのは手札の効果を使ってヒントを得るか、相手の数字を当てにいくかの2択です。

駆け引きも楽しめるのが特徴で、自分の伏せカードの数字をわざと宣言してハズし、その数字から注意をそらすなんてこともできます。

プレイヤーの人数も3人まではほとんど同じルールで楽しむことができます。

4人になるとチーム戦に変化し、また新しい遊びかたを楽しめるのも嬉しいところです。

ニャルラ
手軽に楽しめる推理ゲームをお探しであれば、ぜひ一度遊んでみてください!

なかなかハマります。

ニャルラ
それでは、ここまでご覧いただきありがとうございました!

また別の記事でお会いしましょう!

またねー!

ハスナちゃん

スペック

タイトル 13ゴースト
ゲームデザイン ヴィクトル・アマナシディス
イラスト トムサス・ラレク
発売元 アークライト
プレイ時間 10分
プレイ人数 2人,3人,4人

内容物

  • ゴーストカード:26枚(カードサイズ65㎜ × 100㎜)
  • ルールブック:1冊